育毛剤で髪が生えるわけではない

薄毛や脱毛が気になる人は多く、手軽に利用できる育毛剤を使っている人もいるでしょう。もし育毛剤を使っていれば髪の毛が生えてくる、と思っているようであれば、それは間違いです。育毛剤は髪の毛が育つ環境を整えるためのものです。

健康な髪が育つためには、頭皮状態が重要です。髪は頭皮の毛細血管から栄養を補い、太く長く育ちます。頭皮が固かったり、乾燥していたりすると髪に十分な栄養が届きません。育毛剤には頭皮の乾燥を防ぐための成分や血行を良くする成分、毛乳頭に与える栄養などが含まれています。それらの成分によって頭皮環境を整え、健康で太く長い髪が育つようになるのです。

使用方法を守って長期的に

そんな効果のある育毛剤ですが、最大限の効果を得るには使用方法を守ることが大切です。どんなに良い製品でも、使い方を間違えれば逆効果です。多くの育毛剤は1日に2回、清潔な髪に使用するようになっています。できるだけ毎日の習慣にして、長期的に利用しましょう。髪はすぐに成長しないので目に見える効果がわかりにくいですが、育毛剤は根気よく使い続けることで効果が得られるものだということを知っておきましょう。

生活習慣の見直しも大切

もちろん育毛剤を使用しているだけでは、症状の改善にいたらないことがあります。髪の成長には、生活習慣が大きく影響しているからです。頭皮環境が良くても、髪に与える栄養が不足していたら意味がありません。偏った食生活や脂っこい食事は栄養不足になったり、皮脂分泌を過剰にして頭皮環境を悪くします。ストレスの多い生活や寝不足の体は血行不良となり、髪に栄養がいきわたりません。育毛剤を使用しながら、悪い生活習慣を正すことも髪にとって大切なことです。

女性の育毛剤は今ある毛髪を強くしたり、抜け毛を防ぐなど様々な効果のものがあります。生薬由来、美髪ケアなど種類が多いため選ぶときには、自分の髪の改善目的に合ったものを選ぶといいです。