初期症状や予防の段階でできるニキビ対策

ニキビ対策において、最も大切なのはニキビそのものを作らないことです。一度ニキビができてしまうと、簡単には治らずそのまま肥大化し、最終的にはニキビ跡になってしまったというパターンも珍しくありません。特に男性の場合は、適切なスキンケアを行っていないことも多く、それがニキビの原因かもしれません。毎日の洗顔を洗顔料を使いながら行うことで、保湿力を高めましょう。また、強く擦るのもNGです。刺激がニキビを発生させたり、悪化させる可能性があるためです。

小さいニキビができてしまった場合、手で触れないよう注意しましょう。頻繁に触っていると、どんどん汚れがニキビに浸透してしまいニキビが悪化してしまいます。

肌質に合わせたケアを行う

最も気をつけなくてはならないのが、敏感肌の方です。敏感肌だと刺激をより受けやすくなり、なんの対策もしていないとニキビが増えかねません。スキンケア製品などはなるべく刺激の少ないものを選んで、肌に優しい美容ケアを行いましょう。また、対照的な対策が必要になるのが脂性肌と乾燥肌です。皮脂の多い脂性肌は、少し洗浄力の強いものを選んでも問題ありません。反対に乾燥肌の方は、とにかく保湿力の高いスキンケア製品を選ぶと良いでしょう。

いずれの肌質ではない方も、若干乾燥肌に近かったり、脂性肌の傾向があったりと千差万別です。自分の肌の傾向を押さえたうえで、ベストなスキンケアを行いましょう。いずれの肌質でも重要になるのは保湿です。保湿を欠かさず行い、ニキビの発生を防ぎましょう。

ニキビ跡には赤みがかかったものやクレーター状など様々な種類があり、種類に合わせて正しいケアをすることが大事です。